<   2008年 12月 ( 54 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 31日

セイタカシギ

綺麗に均された
秋名の田んぼに
スマートなシギが数羽

セイタカシギ
d0053930_5533566.jpg
d0053930_5534937.jpg
d0053930_5535985.jpg
d0053930_554109.jpg
d0053930_5542191.jpg


警戒心は強い
餌を水中に探しながらも
だんだんと離れていく
ところが田で作業をする人の傍には
容易に近づいていく
野良の人は 自然の一体なのか

いよいよ2008年も終わる
世間も私にも激動の一年だった
イスラエルはまたガザへの攻撃を始め
アメリカの大統領も代わった
船頭の多い日本丸は未だに迷走運転
はたして2009年は一体どんな年になるのか
願わくば せめて争いの無い
隣の子供の明るい笑い声が絶えないような
静かな年になってほしい
[PR]

by amamianguide | 2008-12-31 06:04 | 奄美の鳥
2008年 12月 30日

シロハラ

仕事納め
事務所の裏はこんな畑が
大家さんちの畑は青々として
野菜の葉も大きい

d0053930_61792.jpg


シロハラ がいる
餌を求めて畑を走る

d0053930_65251.jpg
d0053930_653099.jpg
d0053930_654520.jpg
d0053930_655974.jpg


忙しなく感じたのは
晦日のせいか・・・

さあ、今日は忙しいぞ~
[PR]

by amamianguide | 2008-12-30 06:07 | 奄美の鳥
2008年 12月 29日

心 新たに

サザンカが明るく咲いている
今日は 南西の風
雨模様だけど 温かい

サザンカ
d0053930_17193231.jpg


ハカタカラクサ
d0053930_17194994.jpg
d0053930_1720379.jpg
d0053930_17201675.jpg


仕事納めの忘年会
また はじけちゃうかな(笑
よく2次会で「狸御殿」とか「狐のお茶や」を
探したもんだ(大笑
あ、整腸剤 飲んで行こう
けっこう油っけの多いお店だった
こんなことに気がつくなんて
そんな年齢になったって わけ
ではでは 行ってきますね
[PR]

by amamianguide | 2008-12-29 17:34 | 奄美の花
2008年 12月 29日

トベラとクチナシ

晴天ではないけど
フワーッと暖かさを感じる
風があると無しではこうも違う
まるで春の陽気

トベラ
d0053930_6354575.jpg
d0053930_6355656.jpg
d0053930_636693.jpg


クチナシ
d0053930_6363349.jpg
d0053930_6365959.jpg


二つの木が
黄色い実をつけている
人の手を借りずとも
逞しき野の花
語り継ぐのは
幾百年か
[PR]

by amamianguide | 2008-12-29 06:39 | 奄美の花
2008年 12月 28日

紫の実

オオムラサキシキブ
d0053930_5384529.jpg

オオシマムラサキ
d0053930_5394640.jpg
d0053930_5412347.jpg
d0053930_5413766.jpg


奄美の冬は面白い
気象の劇的な変化が
人の心を鍛えてくれるんだ

空全体を
重く覆い尽くす鉛色の雲が
わずかに切れて隙間が開くと
風は止み 日差しを受けて
草花も活き活きと輝き
身も心も
ぽかぽかと春のよう

油断してると 再び
風と波と雨が牙をむく
神仏を頼まず 神仏を敬う
人を恐れず 人を侮らない
大切なことは 全てを
愛することの出来る
心 なのかもしれないね
修行 修行・・・
[PR]

by amamianguide | 2008-12-28 05:51 | 奄美の花
2008年 12月 27日

終の家

故あって
本家のお墓から
親父とお袋は ここにお引越し願った
親父は長男だから、何か奇異な感じもするが
生きてる人間の 様々な思惑に
翻弄されたのかも知れないね

新居
d0053930_16113113.jpg

何の飾りっ気もないシンプルな型
私が絵を描いた
家名は入れず 般若心経の一説を
これも気に入っている

親父の庭には
菊が咲き乱れていた
d0053930_16163257.jpg
d0053930_16165844.jpg
d0053930_16171855.jpg


「いいのが出来たねぇ~」と
村の人が声をかけてくれた
「最高のお墓ですよ」
お坊さんも褒めてくれた

今夜は
お手伝いしてくれた仲間と
大いに飲もう!!
親父やお袋の話で きっと
盛り上がることだろう

いろいろあった一年だったけど
ここまできて やっと一区切り
爽やかな年が やってくる気がする
[PR]

by amamianguide | 2008-12-27 16:11 | 最近 思うこと
2008年 12月 27日

加計呂麻 諸鈍(ショドン)

d0053930_5444271.jpg

私が小学生の頃
この堤防はもっと低かった記憶がある
親父とその仲間達 総勢8名?
恒例となっていた夏休みの島内冒険
その夏は加計呂麻探検だった
舟で古仁屋から対岸の押角(オシカク)へ渡り
押角から歩いて山越えをし秋徳へ
秋徳からさらに歩いて諸鈍へ向う

秋徳で父の友人宅でご馳走になり
私と数名は舟で先に運ばれた
その舟が折り返し踏破組みを野見山で拾ってきた
上陸した時
諸鈍のデェイゴ並木が
真っ白な浜に涼しげな陰を作っていた

学校の宿直室に雑魚寝して 翌朝
生間(イケンマ)から 古仁屋へ帰った
あの頃 親父は若く 健脚だった
今日は  大切な日
[PR]

by amamianguide | 2008-12-27 06:03 | 奄美の風景
2008年 12月 26日

奄美の雀

冷たく強い北風が吹く
どんよりとした雲が
海の輝きを奪い
島の孤独感を増す
そんな季節になった
でも ほら
雀を見てごらん
丸々としてなんとも仕草が
可愛いじゃ ありませんか

何羽?
d0053930_17221280.jpg

それを見ているだけで
なんだか心が温まるよ
d0053930_17225562.jpg
d0053930_1723682.jpg

意外にも
目は鋭い
小さな目だけど
餌を見つけるのは
上手みたいだよ
[PR]

by amamianguide | 2008-12-26 17:25 | 奄美の鳥
2008年 12月 26日

西の実久

強烈な北風が
海面を走り 汐を巻き上げ
とても際には立てない
ところが
防風林の内側には
和らいだ空気が漂う
加計呂麻らしい 穏やかな
原風景があった

d0053930_822486.jpg
d0053930_8221797.jpg


小型の定期バス
その運転手にしか会えなかった
こんな日は だれも外へは
出ないよねぇ・・・
[PR]

by amamianguide | 2008-12-26 08:23 | 奄美の風景
2008年 12月 25日

Happy Xmas (War Is Over)

ジョン・レノンのこの歌
大好きなんだ
12月8日が命日
きっと 天国でも
唄ってるよな



流れる曲
背景の映像から何を思うのだろう
欺き 騙し 偽り 怒り 復讐
世界のいたるところで
この時も殺し合いは ある
  せめてこの夜は
静かにしていて欲しいよな



今夜は
一年に一度の大学OB会
15年前は「おじ様」のお相手は疲れる
そう思っていたんだけど
今やどうしてどうして 自分がそう
若者を疲れさせないように
静かに 騒いできましょうかねぇ(笑

メリー&ハッピー・クリスマスを
あ、昨日でしたか それは

[PR]

by amamianguide | 2008-12-25 17:03 | 最近 思うこと