<   2007年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 16日

再出発は!!

d0053930_1744029.jpg
湯湾岳のヒカンザクラも咲いているよ
青空に映え 綺麗なピンクが綺麗だよ
d0053930_1745196.jpg
これは安曇野へ旅たった彼が使ったけど
足長げ~!!本物そっくり(笑)
では しばし充電します!!
これまでのご厚情ありがとうございました
また よろしくお願いいたします!!
さあ!!
[PR]

by amamianguide | 2007-01-16 17:48 | 夕景・朝日
2007年 01月 16日

2007年1月16日

d0053930_735399.jpg
もう おわりにしよう
朝日は始まりを意味し
夕陽は終わりを意味する
朝日をこの場所で見るのは
おわりにしよう
混沌とした時間を過ごすのは
今日で終わり
今日からは自分の時間と存在を
はっきりと認識した生き方をしよう
信じてくれる多くの人の為にも
前を向いて生きていこう
d0053930_7393734.jpg
足元を見つめなおし
d0053930_743437.jpg
時折 亀さんを見つけ
d0053930_7442626.jpg
亜熱帯の紅葉がエメラルドの海に映えるのを
当たり前と捉えながら
d0053930_7455835.jpg
それでもなお季節を追いかけ
ひたすら 
奄美人として
私は 生きて行きたい
沢山の愛情と
暖かい心に包まれながら
島に溢れる 酸素の全てを
胸いっぱいに吸い込んで
また 走り出す
(という訳で アマミアンのコラムはしばらくお休みです復活の日まで)
[PR]

by amamianguide | 2007-01-16 07:51 | 夕景・朝日
2007年 01月 15日

リュウキュウバライチゴ

d0053930_7381054.jpg
川に素足で足を踏み入れた
冷たい だけど強張るほどではない
靴とカメラを片手にジャブジャブ渡った
向こう岸に咲いている
リュウキュウバライチゴの花を見たい
花が春ですよって呼んでいる
d0053930_7433122.jpg
ほーら!!実がつき始まっている
この実はとっても甘いんだ
南向きの草むらから
枝を伸ばし花をつけ 実が膨らむ
夢も大きく膨らむんだよね
d0053930_7463498.jpg
さらさらと清らかに流れる水が
辺りの空気も綺麗にするんだ
すると そこへ足を踏み入れるものも
清らかな心になれるはず
奄美の自然は邪念を払拭する
バライチゴの味
それは 自然のエネルギー
[PR]

by amamianguide | 2007-01-15 07:49 | 奄美の花
2007年 01月 13日

サザンカとサクラツツジ

d0053930_14402314.jpg
何処で撮ったか解りますよね
「私を・・・」と主張していました
風で揺れているので少しぼけています
11月から咲き始め
奄美の冬を象徴している花だ
この岬に咲く花は
秋と冬と春が重なる
d0053930_14434691.jpg
ほら!!これはサクラツツジだよ
散策路の風裏にしっかり咲いている
しっかり咲いて蜜もたっぷり
どうして!?解るかって!?
アリンコ見えますかー(笑)!!
(2匹いるんですが)
      (明日は休みます)
[PR]

by amamianguide | 2007-01-13 14:49 | 奄美の花
2007年 01月 13日

嘉鉄湾Ⅷ~ホノホシ海岸

d0053930_752257.jpg
嘉鉄湾のグラデーションはいつの間にか8回
さほど通ってはいないのだから
この色を見れるのは
運のいい証拠なんだろう
いつ見てもため息が出る
多分地元の人も誇りに思っているのだろう
カメラを向ける私に
車窓から微笑みかける
海中のサンゴが復活をみせているのも
色を一段と
 明るく感じさせているのだろう
d0053930_7575461.jpg
「亀さんが出るんですよ」
果たしてその通り 亀が浮上してきた
「本当だぁ!!」
お客様の笑顔は 子どもの様
こともなげに「海ですから」に
「それにしても・・・!!」と
じっと海面を見つめる
この日のホノホシは穏やかだった
d0053930_803475.jpg
サシバは私をじっと見ている
「あの車の中に奴はいる」
「向けているのは銃ではなさそうだ」
「手間取っているな」
「ん!何か音がしたぞ」
「かすかな音だ」
「ま、いいか」
d0053930_863698.jpg

「おっと、まただ」
「え~い、うっとうしい奴だ」
「お前の後ろにいた子ねずみ」
「隠れてしまったじゃないか!!」
「早く行けよ!!、用は済んだろ」
    私は笑いながら走り去った
[PR]

by amamianguide | 2007-01-13 08:06 | 奄美の風景
2007年 01月 11日

朝日と夕陽

d0053930_7544925.jpg
喜界島から日が昇る
今日は一年で一番日の出が遅い日
なんの なんの 力強く南の島を照らす
遅れた焦りもなく 静かにどっしりと
日は登ってきた
d0053930_7571178.jpg
朝の太陽を浴びた生物は
他より不思議と強いエネルギーを得る
顔を向けて微笑むのは
なにも花ばかりではない
ヒマワリほどではなくても
人間だって 笑顔になるよ
d0053930_814322.jpg
昨日の夕陽を見たときに
今日の朝日を予想はしなかった
島の天気は気まぐれで
一夜にして大荒れになることもある
d0053930_84775.jpg
夕陽は昼間の火照りと興奮を
時間をかけて冷まし
ゆっくりと心身を癒していく
これで帰ると迎える家族も
何かいいことがあったような
そんな気になるもんだ
太陽とは ありがたきものなり
[PR]

by amamianguide | 2007-01-11 08:06 | 夕景・朝日
2007年 01月 10日

雑木にもめげず

d0053930_14231194.jpg
観察の森でカメラを向ける
仁王立ちで脇を固めて
ズームイン!!
あれ!?ルリカケスは何処じゃ??
カメラから目を離す
彼女はどんどん茂みの奥へ
クルルッルル~と笑いながら
イヤでないなら待っててよ~
どんどん奥へ枝を渡る
ピントが合わない~!!
とうとう こんな絵になっちゃった
[PR]

by amamianguide | 2007-01-10 14:26 | 奄美の鳥
2007年 01月 10日

紅いツバキ

d0053930_814521.jpg
真紅とまではいかないが
心は紅く燃えている
寒に咲く椿は潔く 花が散る
しかし冬の曇天に冴える赤はどうだ
ほとばしる エネルギーが
赤になり 朱になり 紅になる
d0053930_86730.jpg
森の深遠に心を沈め
いろいろ考えるのもいいだろう
だれに問いかけても 沢山の声を聞いても
結局 答えるのは己が心
捨てた人生ではないから艶かしく
爽やかではなくとも潔し
d0053930_89571.jpg
シマアザミが青青と葉を開く
島に生きるとは こんなことではないだろうか
地味にコツコツと地を這い大風をかわす
時が来れば 蝶を呼び
新しい命を台地の中に残していく
小さな島でもできることはあるさ
道標を後進が見つけるまでは
まだまだパワー全開で
走ってみるのも また楽しいかもしれないね
[PR]

by amamianguide | 2007-01-10 08:13 | 奄美の花
2007年 01月 06日

大雨の金作原

d0053930_1615595.jpg
雰囲気ありすぎ
ガスでけむり 太古の演出
昨日と今日は雨にたたられた
でも 見方や考え方を変えると
結構楽しいもんで
d0053930_16204591.jpg
暗い森でフラッシュを焚けば
浮き上がってくる顔は 何だ
イジュの森は本当に飽きさせない
様々な表情を見せてくれる
車窓からになったけど
お客様と 笑いながらのご対面を
はたしてくれた
d0053930_16231721.jpg
トクサランが咲いている
雨に打たれ 濡れながら
ひっそりと咲いている
大きな樹木に隠れて しだの中に
まみれる様に 
そう言えば カクチョウランの花芽も
少しづつ 大きくなってきた
いいぞ!!
冬を飛ばして 春になれ!!

   (明日から少し お休みします
[PR]

by amamianguide | 2007-01-06 16:32 | 奄美の風景
2007年 01月 06日

火事か!!

d0053930_7473358.jpg
このほんの少し前の瞬間は
本当にそう思った 「喜界島が燃えている」と
カメラに収まると穏やかな海の向こうに
いつもと変わらない姿
太陽と雲はいたずらの名コンビだよ

今日も川と山へ
山でもう一度怪しい蘭の写真を撮ってみよう
薄暗い木の影では なかなか難しい
でもやってみる
風は収まり 雨含みの雲が空にこもる
降るなよ~!!
[PR]

by amamianguide | 2007-01-06 07:56 | 夕景・朝日