<   2006年 11月 ( 49 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 30日

ミサゴよ!!

d0053930_1574212.jpg
いつか君を撮ってやる
お腹の白い産毛も
肩の先端の風切り羽根も いつかしっかり撮ってやる
私は知ってる
海に飛び込んでもなかなか お魚を掴められない君を
たまに獲物が大きすぎて 飛び上げれなくなることも
そして 空中で巧みなホバリングをすることも
天気のいい 青い空をバックに
君の姿を 綺麗に 
撮ってやる
[PR]

by amamianguide | 2006-11-30 15:13 | 奄美の鳥
2006年 11月 30日

ポインセチアの生垣

d0053930_755243.jpg
奄美ではポインセチアは生垣になる
観光で訪れた人が一様に驚く
もともと南の植物
大きく育っても不思議はないが
d0053930_831560.jpg
これはいぜんもUPしたけど
ポインセチアの仲間のショウジョウソウ
マントヒヒの顔を想像すると
名前の由来が分る気がする
d0053930_863820.jpg
これは・・名前が分らない
秋名の民家に咲いていた
筒花に似るが 葉が違う
ヒメノウゼンカズラです・・byてふてふさん)

一転 降り続く雨の中
植物達は元気いっぱい
これで日が差せば 森は力を取り戻す
すると そこに生きる生き物もまた
息を吹き返すのだろう
自然の力
弱いようで強く 強いようで
弱いものなんだね
[PR]

by amamianguide | 2006-11-30 08:11 | 奄美の花
2006年 11月 29日

また 謎の花

d0053930_12172733.jpg
検索が下手な私には
どうにも この花が探せません
またどなたか名前を教えてください
マングローブの崖下に
ひっそりと咲いていました

ポインセチアが巨大化して
生垣になった様子を撮りたかったのですが
恵みの雨は ザンザンと降っています
晴れ間にタイミングが合えば・・・
[PR]

by amamianguide | 2006-11-29 12:21 | 奄美の花
2006年 11月 29日

朝陽(長雲・手広)

d0053930_8275880.jpg
長雲の朝陽を見るときは
頬が緩んでしまう
静かな空気に鳥の羽音が走り
ゆったりとした光線が身を包んでいる
心の目覚めは この峠から
d0053930_8313537.jpg
神の子の山に朝陽を見るときは
なぜか 身が引き締まり
顔を上げ 今日の誓いを立てる
「一日が健やかであるように」と
体中の血が 熱くなってきて
目が大きく開いた
さあ 始まるぞ
[PR]

by amamianguide | 2006-11-29 08:34 | 夕景・朝日
2006年 11月 28日

アロエ(医者要らず)

d0053930_12302613.jpg
アロエの花が蕾を付けた
伊豆あたりでは これを名物にしているそうな
奄美では 繁盛しすぎると
他の草と一緒に捨ててしまう
それでも そこで逞しく再生する

幼い頃 祖母の口癖
やけど>アロエ 擦り傷>アロエ だった
今はもっぱら飲みすぎた後に
この葉っぱを口にしている

やがて 赤紫の花になる
医者要らずの花 
もっと大事にしなくてはね  
[PR]

by amamianguide | 2006-11-28 12:38 | 奄美の花
2006年 11月 28日

雲が切れたら

d0053930_7464226.jpg
雲が切れ 陽が射し出すと大変
ツバベニチョウが先を争い
ハイビスカスを奪い合う
花も花 今だとばかり花びらを誇張する
私の着ている赤シャツも
紛らわしいと 怒られた
秋の日差しは 大切な一瞬
d0053930_7531283.jpg
ハクセキレイも忙しい
ぬくもりに誘われ 動き出した虫は
枯れ草の表裏をいったりきたり
見逃さないぞと盛んに走る
蝶も小鳥も 無我夢中
油断はダメだよ ほら
キキキキッと 隼が舞う
d0053930_7594168.jpg
大浜の海洋展示館のブーゲンビリア
中庭の内側にたわわに咲いていた
外からは見えない
入場料を払って 亀さんに逢いにきた人だけに
見つかる仕組み
北風の裏側に ムラサキのベランダ
落ちた花びらも またみごと
一度見たほうがいいかもね
[PR]

by amamianguide | 2006-11-28 08:05 | 奄美の風景
2006年 11月 27日

グンパイヒルガオ

d0053930_15385220.jpg
正確にはグンパイヒルガオの種
用のビーチに砂丘を越えて下りていくと
今 この種をよく見かける
ヒルガオの花が種を持ち そして散る
不毛と思われる砂の丘に
あの 逞しい弦を作るのか
 そういえば
節田の浜にも あったっけ
[PR]

by amamianguide | 2006-11-27 15:43 | 奄美の花
2006年 11月 27日

用の砂丘3景

d0053930_751264.jpg
砂丘に額縁があった
この向こうに 麦藁帽子の女の子でも
座っていたならそこは  まだ夏
d0053930_7564132.jpg
砂丘は何層にも重なり
風や波をしのいでいく
華やかだった時代 厳しい時
ただ じっとそこに耐えている
何も語らず 全てを内包しながら
d0053930_802079.jpg
少女は駆け抜けて行った
飛んでしまった帽子も追わずに

やっぱり 今は秋なんだよね
空色がそういってるよ
[PR]

by amamianguide | 2006-11-27 08:09 | 奄美の風景
2006年 11月 25日

波(楠野の海)

d0053930_15111453.jpg
この波に乗る!!と 思った・・・次の瞬間!!
d0053930_15123922.jpg
彼は波間にいた
タイミングが合わなかったようだ
それにしても
なって素晴らしいカールだろう
d0053930_15145386.jpg
彼の目には 次の波しかない
うまくいかなくても 又 次だ
虎視眈々 波の鼓動を測れ

愛すべきサーファー
彼は私の 仲間である

              (明日はお休みです)
[PR]

by amamianguide | 2006-11-25 15:17 | 奄美の風景
2006年 11月 25日

彼は40歳になっていた

d0053930_13112946.jpg
「もしかして」と切り出した彼の口から
よく知っている名前が次々と飛び出す
昔 関わった ある土地の
かっては子供だった その本人だった
「口調や話しぶりがなんとなく」と
懐かしい再会
d0053930_13183092.jpg
空は晴れ
心も晴々
不思議 何十年も若返る
聞けばアメリカへの単身赴任が決まったそうな
その前に家族旅行と奄美へ
なんという偶然だろう
過去を忘れ 前だけを見て歩いた
年月が ビデオの巻き戻しの様に
d0053930_13285847.jpg
とまれ!!
今は彼の仕事の成功と
彼の健康と
奥様と子供の健康を祈ろう
元気でやれよと声をかけた

ハマユウがまだ
薫り高く咲いていた
[PR]

by amamianguide | 2006-11-25 13:34 | 奄美の風景