ツアーガイド アマミアン

amamian.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 38 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 30日

今日のアヤマル岬

d0053930_17223897.jpg
冬場、この沖でクジラがテーリングします
と言っても信じない人が多い
「本当です」
私が笑って言うから「うそ」に見えるらしい
ところで
一村の「トラフズク・・」
ウインクしているんですが 知ってますか
これ 「本当です」!!
[PR]

by amamianguide | 2006-09-30 17:26 | 奄美の風景
2006年 09月 30日

ハイビスカスです

d0053930_7492148.jpg
ファーブルは拡大鏡を持っていたはず
草花や虫を マクロで見ると興味深い
こんな形をしていたなんて・・・めしべ
d0053930_751493.jpg
サガリバナの実は完熟して 種子を内包する
美味しそうでもあり 甘そうでもある
落下していたのをいくつか拾った

d0053930_7523725.jpgショウジョウバッタ?モドキが擬態と思えるポーズをとる

植物も 動物も 昆虫も実りの秋なんだ
[PR]

by amamianguide | 2006-09-30 07:58 | 奄美の花
2006年 09月 29日

笠利湾

d0053930_747786.jpg
蒲生崎と今井崎で囲まれる大きな湾
少々の台風ではここの波は立たない
いつも穏やかでまったりとしたたたずまい
釣りをするなら随所にいいポイントがある
古来より 多くの外国船も
行き来したに違いない

喜界島の遺跡調査が本格化してきた
島の西側と東側 一山越えたら言葉(方言)も考えも違う と
そう言われるこの奄美が、古にいったいどんな島だったのか
謎を紐解くかすかな灯りが いまや大きな光の渦になり
蓋をしたままの日本史を 今こそ
こじ開けてしまうように
[PR]

by amamianguide | 2006-09-29 07:55 | 奄美の風景
2006年 09月 28日

大和村の風景(2)

d0053930_9244521.jpg
サトウキビが伝来した場所とされる付近
ソテツの群生がある
磯釣りのメッカ
何度か瀬渡ししてもらったが
いい思いは した事がない
素潜り漁の影響かもね
d0053930_925591.jpg
それにしてもこれから先は中国である
西を目指す人たちは 大和を背に船出した
還れるか 否か
日本の国威は彼らの双肩にかかっていた
紺碧の海は その夢のあとなのか
[PR]

by amamianguide | 2006-09-28 09:28 | 奄美の風景
2006年 09月 28日

大和村の風景(1)

d0053930_7522791.jpg
大和村には絶景が多い
この岩 「男の神様」に思えてならない
晴天の東シナ海には 早 ニシ風が吹いている
白波と濃い蒼の調和 黒い岩のシルエット
背後の山々に かすかな紅葉
櫨の葉は赤く染まりだした
d0053930_7575918.jpg

サキシマフヨウも所により開花している
そう 南の島の秋模様なんだね
[PR]

by amamianguide | 2006-09-28 07:58 | 奄美の風景
2006年 09月 27日

タイワンクズ

d0053930_85863.jpg
大和村の県道を 車で行くとき
車窓からいい香りが飛び込んできた
カメラを向けながら 匂いの元を探したが
果たして彼女がそうなのか
解らなかった
d0053930_9175828.jpg
タイワンクズについて
詳しい生い立ちを調べてみたら
この木の根は「葛根湯」の原料だって
奄美以南に咲くマメ科の木(つる性)
季節により いろんな花が咲くものです
[PR]

by amamianguide | 2006-09-27 08:11 | 奄美の花
2006年 09月 27日

秋の夕陽

d0053930_749343.jpg
秋の夕陽は
物悲しい
ああだ こうだと 思いに揺れていると
ほらっ 沈んでしまうよ
d0053930_7515054.jpg
彼女に見つめられると やっぱり少し照れてしまう
通り過ぎるウォーカーの横顔も 赤くなってるよ
ソテツの葉陰に 隠れてみる
d0053930_7534879.jpg
友人の構図も撮ってみようか
もうすぐ この隧道の真ん中に
日が沈む季節なんだ

ドドーと波が寄せる
ここへ来て 汐満つ時をいくつ数えただろう
今日は 私の ?回目の誕生日・・・ハァ~(笑)
穏やかであれ 明日の命も
[PR]

by amamianguide | 2006-09-27 08:01 | 夕景・朝日
2006年 09月 26日

奄美の竜宮(タラソテラピー)

d0053930_1311417.jpg
12月会館予定である
大浜の海洋展示館の横に
「おふろ」が誕生する
海水浴の帰りに 観光のついでに
きっと 人気スポットになって欲しい
今年はこの工事のせいで
海亀の上陸が減少したとかしないとか
でも もうハードはいらないと思うけど・・・ね 
[PR]

by amamianguide | 2006-09-26 13:14 | 奄美の風景
2006年 09月 26日

ヒラセマンカイ番外編

d0053930_17124839.jpg
私にも何時からかは解らないが
神ヒラセの背後には カメラマンが大勢乗っていた岩がある
名は定かではないのだけど とにかく
今年生まれた男の子の足をその岩につけると無病息災らしい
ノロ神様にお願いして やってもらうことに
父親に抱かれた一輝は 泣きもせず
鉢巻の代わりのバンダナ勇ましく
その神事を こなしていた
一安心・・・かな
          
        (じい馬鹿で・・登場させました) 
[PR]

by amamianguide | 2006-09-26 10:38 | 奄美の行事・風物詩
2006年 09月 26日

ヒラセマンカイ

d0053930_746946.jpg
ヒラセマンカイは始まった
夕刻4時ごろ 神ヒラセのチジンにあわせ男たちが歌う
めらべヒラセのノロに扮した女性が答える
d0053930_7523817.jpg

五穀豊穣を祈る
見物人も しん としている
d0053930_7534758.jpg

祈りを終えた 人々は
下に降り 喜びの唄 踊りをする
d0053930_7545870.jpg

とにかく この祭りのために
村をあげての ご苦労さん
北に倒れたショチョガマも 終わりよければと
笑い飛ばす
さあ!! 飲みましょうぞ!!
d0053930_7583455.jpg

少々・・・疲れましたよ(笑)
[PR]

by amamianguide | 2006-09-26 07:56 | 奄美の行事・風物詩