ツアーガイド アマミアン

amamian.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 31日

この子達

d0053930_7461780.jpg
そうだったよね
日が西に傾き 砂の影がはっきりする頃
海に来たんだよね
そして「まだ入るな~」の声をよそに
このまま入っちゃうんだよね
この海は 私の  と思っていたんだ
でも最近 
足跡の無い浜 無いよねえ

210日 いまだ台風の姿が見えない
このまま穏やかに夏が過ぎるのだろうか
d0053930_18593291.jpg

宿題終わった御報美かな
貸しきりの大浜
夏休み最後の日は 秋の静けさでした
[PR]

by amamianguide | 2006-08-31 07:50 | 奄美の風景
2006年 08月 30日

ヘクソカズラ

d0053930_7583373.jpg
なんて恐ろしい悪態だろうか
もっと優しい 名前は無かったのだろうか
コンペイトウだったっけ あの砂糖菓子
可愛らしくてつい小袋に詰め込んで
他のお菓子が買えなかった
秋花の季節になったね
d0053930_842525.jpg

遠く油井岳を望む
奄美は深い山脈を持つ山島である
雨や霧で谷間の輪郭がはっきりすると良く分る
古人の旅は この山を縫う山道を進む旅だった
峰からの展望はその心を休めたのだろうか

少し前 私は信州にいた
春に山菜 秋はキノコ  村の人によく誘われた
山道は仕事道 狩道 旅道にわかれ いずれかを通り
いつしか脇の森へ分け入る
そこが 山菜やキノコの狩り場である
「奄美は海しかないだろう」と笑う
この山を見て 懐かしい顔が目に浮かんだ
[PR]

by amamianguide | 2006-08-30 08:02 | 奄美の花
2006年 08月 29日

ハマゴウ

d0053930_7545115.jpg
浜辺に咲き
薄紫の小花
海を目指して走る人には見えない
足を取る 邪魔な弦でしかない
海の強烈な青に かすんでしまう
でも季節には 咲いて誇る

d0053930_7582871.jpg

その青の中に 夏の人がいる
何故歓声があがるのだろう
甲高い声が 広い浜辺に響いている
[PR]

by amamianguide | 2006-08-29 07:59 | 奄美の花
2006年 08月 28日

森と海

d0053930_7461378.jpg
瞬間だった
雷鳴と光線は同時に来た
ワイパーも効かない滝のような雨
身動きもせず 雲の行くのを待つ
明るくなった空に外へ出てみると
鮮やかにオオムラサキシキブ
露を含み輝く

d0053930_750294.jpg
遥か湯湾岳に日が差している
父は何処へ走ったのだろうか
あのあたりかな (湯湾岳は雲の向こうにかすむ)
櫨の先端が色づき始めている 山は秋
d0053930_7575922.jpg

母と子
やがて荒海へ漕ぎ出すだろうこの子
今は 穏やかな海で泳ぐがいい
母とともに 笑顔はじけて
私も泳ごう この海は心を 自由にする
[PR]

by amamianguide | 2006-08-28 07:59 | 奄美の花
2006年 08月 26日

夢中

d0053930_7453111.jpg
格好も何もないのだ
私は忙しい!ア、アアもう無い・・次の花・・花

せわしく美しい蝶ツバベニチョウ
端っこの紅色が美しいコントラストを青い空に映える
羽を開いたところを 撮りたいのだけど 
せわしい私には・・・

d0053930_18314753.jpg

サクララン
ちょうどリュウキュウエノキの幹がバックに来ている
これなら 葉っぱの様子も 弦の具合も分るよね

大浜は夏休み最後の週末
賑わっていた  明日は泳ぎに行くか!!
プライベートビーチへ(笑)
[PR]

by amamianguide | 2006-08-26 07:53 | 奄美の蝶
2006年 08月 25日

サクラランの森

d0053930_11544135.jpg

mariさんFORTUNEさん
見づらい写真ですが こんな形に木に巻きつく弦なんです
しかもこの場所はカメラを向けると逆光になり
ズームしても距離があるし・・・で 難しい
咲いている環境は これで何とか分りますか?
アップの写真はたまたま別の場所で目線にありました
当然お客様にも撮っていただきましたよ
上のほうは影の中です
でも 今咲いているはずのない花なんですがねえ
[PR]

by amamianguide | 2006-08-25 12:02 | 奄美の花
2006年 08月 25日

主役は

d0053930_1405218.jpg

沈む夕日を見つめる主役は だれ
植え込まれたソテツの隙間から
それでも 眩しいオレンジの光線
火照った体を冷やし 心落ち着ける
「帰って一杯やるか」


d0053930_1412772.jpg

b>ハシカンボク満開
金作原へ至る道のハシカンボクは満開
お花畑のように土手に咲く
今年も・・の約束は守られたね
[PR]

by amamianguide | 2006-08-25 08:04 | 夕景・朝日
2006年 08月 24日

サクラランⅡ

d0053930_7363464.jpg
先日のサクララン 瞳の膜が取れたように鮮やか
日陰に咲くこの花が かくも瑞々しく見えるのは
うだる暑さのせいなのか
冷たい岩清水で首筋を濡らしたような
喜びがあった

d0053930_17483677.jpg

夏も盛り!!
どんなに「山には秋が来ています」といっても
この日差しを浴び 海に飛び込む人の気持ちは解るさ
なんと言ってもまだ「アジィ~!!」のだ

水面に向って走っていけないのは・・・
お仕事中だから!?
[PR]

by amamianguide | 2006-08-24 07:40 | 奄美の花
2006年 08月 23日

イセエビ解禁

d0053930_7322972.jpg
イセエビ解禁の前夜 監視体制を強めるそうな
生計を立てる漁師ならいざ知らず
にわか漁師や 趣味の人
もろもろの参加になるのが恒例

昔から この海を生活の場にしていた
家族の中のイショシャには どんな日なんだろうか
不自由でよそよそしい海になってはいないか
資源を守る術も 皆 知っていたはずなのに
いつのまにか 枯れかかった海に
なってしまったのだろうか

海老は豊漁で 値は踊らなかった
d0053930_8113516.jpg
 最盛を過ぎた感のあるハマユウ
赤木名の海岸はまだまだ咲いています
後背地のアダンにやや寂しさはあるものの
緩やかな傾斜の砂浜は 綺麗なまま
きっと 集落挙げて 美化に取り組んでいるのでしょうね
夕暮れ時の公園は 子供の歓声で賑わうのです
[PR]

by amamianguide | 2006-08-23 07:42 | 奄美の行事・風物詩
2006年 08月 22日

残照

d0053930_7552288.jpg
もちろん 夕景を撮ったつもりはない
この時間に ここにいた証
水面を見た 
ざわめきがある それは 背後の山の木々にも
昼の生気と 夜の生気の交代の時間
森羅万象 全ての気が 一斉に息づく
朝まだきの空と この時は
「気」の交錯 

d0053930_1156174.jpg雨乞い
クワズイモの葉が乾いていく
今まで奄美の草花は枯れない
そう信じていた 台風が運ぶ
たくさんの水は常に潤す と
災害は困る  
でもここまで雨量が少ないと
農家でも大変だろう
治水・・古よりの天との戦い
負けるわけにはいかないのだ

[PR]

by amamianguide | 2006-08-22 08:02 | 夕景・朝日