<   2006年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 30日

ミツバハマゴウ(奄美以南)

d0053930_726344.jpg浜辺にこの花も
咲き出した
海岸線に見かける
薄ムラサキの花
クマツヅラ科

梅雨の終わりから
吹き続ける強烈な
新南風(アラブ)は
梅雨の湿気を飛ばす
気圧配置の為せる業

時折雷鳴が響き渡る
夏の始まりは今
静かだったビーチに
子供達の歓声が挙がる
[PR]

by amamianguide | 2006-06-30 07:35 | 奄美の花
2006年 06月 29日

アカミズキ

d0053930_7511736.jpg

アカネ科 奄美以南にある
ヤンバルアワブキの花が薄緑に変わってきたとき
この花は山路に面した斜面に咲き出す

面白いことに 金作原の散策路や林道の際に芽を出し
太陽を真っ先に捉えるのがこの木
開いた空の争奪戦 やがて淘汰されるのが多いけど
生きた木はきれいに花咲く  愛すべき木である
[PR]

by amamianguide | 2006-06-29 07:55 | 奄美の花
2006年 06月 28日

アダンの葉陰

d0053930_844553.jpg

 アダンの葉影で昼寝する  怠惰な時間を過ごす
 何もしない 本も読まない 波の音のみを 受け入れる
 奄美の 雨に包まれた全身水浸しの日々は 終わったのだ
 終わらない災いはなく 永遠の幸いもない
 季節は巡る 巡る 
 この必然の睡魔に
 負けるのもいいかも知れない
[PR]

by amamianguide | 2006-06-28 08:15 | 奄美の風景
2006年 06月 27日

ヤナギバルイラソウ

d0053930_7375418.jpgメキシコ原産
観賞用に持ち込んだ
今は全国に広がり
雑草化している

イラクサ科のヤナギ
イチゴも葉の形が
ヤナギに似る
ルイラソウも同じだ

猛暑が続く
前身から水分が抜け
干乾びた体はだるい
アスファルトの路傍
ルイラソウは紫に 凛と咲く

d0053930_7491592.jpg
めちゃめちゃイナバゥワ~
金作原のキノボリトカゲも
夏バージョンになってきた
幾分小ぶりなのは・・・

静かに歩けばけっこう
逢えるもんだよ
そうそう
南の尾根は特に
涼しいよ

d0053930_15244871.jpg住用ダムへ向かう
その途中に
この滝は存在する
降りて弁当を開き
お昼寝でもしたい
そんな気にさせる

首尾よく写せた
アカショウビン
ルリカケスには
振られたけど
奄美が好きに
なったかな

又お会いしましょう
[PR]

by amamianguide | 2006-06-27 07:45 | 奄美の花
2006年 06月 26日

ナガメ?

d0053930_730121.jpgナガメの幼虫らしい
カメムシの仲間で
幼虫時代ははっきり
判らないらしい

花を見に行けば
鳥が見える
鳥を見に行けば
虫に会う

今日はバードの人の
ご案内 逢えるかな
きっと 暑い一日に
なりそうな気が・・

d0053930_7344032.jpg



楽しい感動の一日が
ありますように
[PR]

by amamianguide | 2006-06-26 07:33 | 奄美の昆虫
2006年 06月 24日

フォルテシモ 夏

d0053930_7132777.jpgまだ浅い夏模様
静かにヒートアップ
徐々に騒がしく
胸騒ぎの夏になる

海が青いのは
普通のことなのに
こんなに恋しい色
惹きつける魅力

ざわざわするのは
もう少し先かな
はじけた歓声が
ほら すぐそこまで
(明日は休みます)
[PR]

by amamianguide | 2006-06-24 07:17 | 奄美の風景
2006年 06月 23日

メフクラギ

d0053930_716312.jpgキョウチクトウ科
ムゥフクラギは
「目が膨れるよ」
と言っている訳で
この木の汁は危険

花は妖艶で美しい
南海の島には
この木が何処にも
咲いているそうな

ゴーギャンが見た
夢は この薫り高い
花たちなのか
一村が見た白花も
怪しい香りを・・・
[PR]

by amamianguide | 2006-06-23 07:24 | 奄美の花
2006年 06月 22日

梅雨明け金作原

d0053930_727230.jpg正確には「明けたかも」の日
日向の蒸し暑さと 日陰の
涼しさが同居していた日だ
お守り「雨傘」を開くことは
なかった

当然「ブト」が一斉に飛び出す
スプレーをお客様に借り
初めて人工的に防御
「明日かも」と感じた日だった

ザトウムシが大勢いた
同じポーズで上下に揺れる
天気のせいか 「予感」なのか
揺れる揺れる・・・

日差しを浴びて ヒカゲヘゴ
また一段と大きな影を作った
[PR]

by amamianguide | 2006-06-22 07:38 | 奄美の風景
2006年 06月 21日

ギョクシンカ(アカネ科)

d0053930_972862.jpgこの花には本当に
逢いたかった
何処にいるのか
見当がつかない
あれ 以外や以外
いつもの場所
ちゃーんと咲いてた

足元の草花にも
よーく見ると感動が
あるものだ
知らない花がいかに
多いことか

ああ 夏の空だよ
奄美に一番似合う青空だよ

d0053930_12243727.jpgd0053930_12245713.jpg
まさに梅雨明け前の ハイビスカスと水浴び後の烏
こんな光景でも 膨らむ期待は「明けるかも」でしたね
例年の2倍の降雨量だったんだ
でも このまま雨が降らないと・・・と 不安が少々
自然と人間は共生しつつも闘う間柄なんだよね
[PR]

by amamianguide | 2006-06-21 09:14 | 奄美の花
2006年 06月 20日

ルリタテハ

d0053930_7214587.jpgルリタテハが留まる
高速飛行一転降下
偶然でないと
なかなか撮れないね

何故か?
雲が切れた
世界中が明るく
ノアの大雨が収束
本当かな?

じりじりと気温上昇
猜疑心は人のもの
蝶や虫は信じて
空を 飛び廻っている

d0053930_10145564.jpg高知山から徳之島
久々に悠々と見る
「松島よりいいわ」
東京の人が言う

奄美の風景は
スケールが小
さいと思う事も 
島国には延々たる
地平線や遥かな山
脈はないから
でも 大海より
季節や気象の変化
を感じ取ることは
出来る
刻々と雲が高くなり
切れ始めた
梅雨明け かも
(気象庁は奄美沖縄の梅雨明けを20日宣言しましたネ)
[PR]

by amamianguide | 2006-06-20 07:31 | 奄美の蝶