<   2006年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 29日

シーバナ釣り

d0053930_7494425.jpgファミリーは大潮の干潮を狙い 珊瑚の上に竿を出していた
せいぜい晩酌のあてにする為に
「海からのヨリムンは7軒にくばれ」という 昔の
粗末な仕掛けでは
さほどの大漁を
期待できなかった

でも これほど
子供の心を
わくわくさせる
遊びはなかった


d0053930_833463.jpg
上げてくる汐に
追われるように引きあげる
イビラクにはまだはねる魚
配れなくとも 家族の口には
海の恵みが入るかも
スイバがにゅきにょき首を振る
(明日はお休みですよ)
[PR]

by amamianguide | 2006-04-29 08:06 | 奄美の風景
2006年 04月 28日

ショウジョウソウ

d0053930_834088.jpgオラウンターンの顔の赤 そんな意味がある
聞くとポインセチアも仲間らしいよ
トウダイグサ科

海岸の砂丘の
木の陰に生える
全国に分布して
だけど不思議な草

梅雨の到来は早い
明けもそうなら
夏が長いはず
暑い夏は大好きだ
雨を飛び越え 心は海へ 
d0053930_1528947.jpg
[PR]

by amamianguide | 2006-04-28 09:13 | 奄美の花
2006年 04月 27日

アヤメ

d0053930_7464058.jpg茨城の潮来には
アヤメ祭りがある
観光船が水路を巡り
畦のアヤメを見る

南の島にはこの風情
少ないと思う
せめて浜おれの
風景くらい残したい
南に走る飛行雲
夏は奄美人のDNA
活発に動く季節だ
北へ向かう風を読む

d0053930_758099.jpgさながら雨季のごとき
雨が降り続き うんざり
せめて連休は 
訪れる人のために 
晴れてほしいよ
心から そう思う
[PR]

by amamianguide | 2006-04-27 08:04 | 奄美の花
2006年 04月 26日

カヌー

d0053930_744249.jpgカヌーを漕ぐのは
初めての人ばかり
おっかなびっくりの
体験をする

大人になっても
様々な失敗をする
それにこりては
安全を目指す

子供は違うよ
失敗をどんどんと
積み重ねても
初めてを怖がらない
だから すごく 心が
豊かになれるんだね
[PR]

by amamianguide | 2006-04-26 07:50 | 奄美の風景
2006年 04月 25日

オオギバショウ

d0053930_7405090.jpgオオギバショウの花
春になり梅雨近くに
この花は咲き出す
ゴクラクチョウに
なんとなく似ている

早朝 5時ごろ
アカショウビンの声
懐かしい響きが
秋名谷に木霊した

庭のアマミヒイラギ
目線より低く作る
蜂の巣がある
台風が多くなければいいけど
自然の予報は 案外 当るよね
[PR]

by amamianguide | 2006-04-25 07:46 | 奄美の花
2006年 04月 24日

ブーゲンビリア5

d0053930_7462319.jpg夏色をしてきた
この花は彩度が高い
わずかな光線にも
目に鮮やか

山にはコンロンカが
白いがくを従え
黄色の小さな花を
咲かせ始めた

とすると 早や
梅雨の気配か
選択のしこりを廃し
この町が輝くのは
梅雨明けということかな

何事も無かったかのように
人々の月曜日は始まった
[PR]

by amamianguide | 2006-04-24 07:53 | 奄美の花
2006年 04月 22日

テングチョウ


d0053930_748243.jpg動きが素早く
撮りにくい蝶である
最近よく飛びだした

垣根のハイビスカス
や ゲッキツには
「ハト」と呼ぶ白い
小さな蝶がいた
(セセリに似る)

幼い頃のバス旅行
窓際にツバベニや
シロオビやアオスジ
左右の花を押し分け
バスは行った
終点まで外の景色は
飽きなかった
d0053930_8102144.jpg
都会の人が見たいのは
それだろうね
山を分け入る探検だけが
観光ではないのだろう
奄美人 一人ひとりが
自分の村を美しくする「知恵」を
もう一度思い起こせばいい
「花の島」を自負するのなら
心の花を また 咲かせばいい
                        (明日は休みますよ)
 
[PR]

by amamianguide | 2006-04-22 08:13 | 奄美の蝶
2006年 04月 21日

イイギリ

d0053930_7444037.jpg赤い実が残る木に
早 花が咲き出した
マテリアの滝入り口
木漏れ日に淡い色

連日の雨で水が踊る
光を浴び輝いている
朝まずめの霧の中
アモレウナグの水浴

村々に残る伝説に
怖い話が多いのは
大きな自然の恵みに
守られ暮らした人の
畏敬の念が残すもの
努々 お伽と思わぬように
d0053930_83761.jpg

もしも 山道で
長い髪の女に逢ったら
「感謝してます」と
伝えよう
[PR]

by amamianguide | 2006-04-21 07:58 | 奄美の花
2006年 04月 20日

キノボリトカゲ

d0053930_748339.jpgキノボリトカゲの子
生茂った枝の中
逆光にくっきりと
シルエット

サクランボも落ち
鳥達も残った完熟
の実をついばみ
繁殖の準備に忙しい

海の中はどうだろう
岩についたアオサや
ノリもじきに終わる
水温は22度に上昇
本格的な「海の季節」の到来か
d0053930_8274694.jpg
d0053930_835722.jpg
[PR]

by amamianguide | 2006-04-20 07:57 | 奄美の動物
2006年 04月 19日

ハチジョウカグマ

d0053930_7493528.jpg関東以南に広く分布
新緑の頃 紅色の葉を
斜面に現し 目を引くシダ
緑一色の 春の異端児

山々を案内するとき
「わあ、綺麗」と
「おいしそう」に分かれる
両方とも 人の本音だろう

ワラビやゼンマイ以外を
食べたいとは思わないが
ヒカゲヘゴの新芽を
「湯がいたら何人分かな」には
「恐竜の餌ですよ」と逃げる
[PR]

by amamianguide | 2006-04-19 07:54 | 奄美の花