ツアーガイド アマミアン

amamian.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 31日

2005年の朝日は


d0053930_8112146.jpg今日は雨 夜半から降っていた
しとしと 激動の2005年は
今日でおしまい
来る年は幸せに満ちて欲しい

たくさんの人に出会い
多くの人生観を聞き
溢れるほどの愛情を受け
幸せにも何度もなった

不幸のため息は数あれど
吐けばそれで消えてしまう
美しい風景を見る度に
不幸は一つずつ飛んでいく

奄美の原風景は日本の昔
かってよかったのは 実は
今も素晴らしいもののはず
旅で触れ合う袖は 昔も今も
かすかな絹音に似て
やさしい郷愁なのかも
d0053930_812076.jpg
今年は暮れて
新しい年が始まる
ページをめくろう 
期待をこめて


2005年の終わりの朝日は
12月30日でしたね
来る年が 愛に満ちた
素晴らしい年になりますように
     よいお年を
[PR]

by amamianguide | 2005-12-31 08:14 | 夕景・朝日
2005年 12月 30日

ベンガルヤハズカズラ

d0053930_881648.jpg
インドが原産 繁殖力が強い
木花に絡み枯らすかも
花は綺麗だが そんな力を
秘めている つる性の花

モクマオウは海岸の暴風林
にと移入されたが 風に弱く 
落葉が腐葉化しないため
在来種が育たず 環境へ
影響が懸念されている

本来の姿とはどうだったのか
島の人は知っている
アダンやガジュマルが繁り 
蘇鉄があり ハマユウが咲く

今 取り戻そう 未来の為に
[PR]

by amamianguide | 2005-12-30 08:08 | 奄美の花
2005年 12月 29日

マングローブカヌー


d0053930_750387.jpgマングローブは日本で2箇所
西表とここ 住用村にしかない
保全の具合から言うと
住用が最高だと言われている

特に早朝 カヌーをゆっくりと
進める時は気分がいい
ルリカケスやコゲラの声
南黒鯛の跳ねる音

イボタクサギやサガリバナ オヒルギにメヒルギ シャリンバイ
そうそう 5月の連休前後には アカショウビンの鳴き声が
遠くに木霊する クッカリュルルル~  これで入梅になる
今はまだ風は冷たい 奄美は冬である
[PR]

by amamianguide | 2005-12-29 07:53 | 奄美の風景
2005年 12月 28日

あられ


冬になり 吐く息が少し白く
朝起きるのが辛くなる頃
親父に連れられてd0053930_8125862.jpg
よく山へ行った

冬に咲く サザンカや
フヨウはこの頃知った
尾根道を歩き回り
ギーマとサクラツツジの
幼木を探し 掘った
小学校の庭で2年経つ頃
それは 花をつけていた

お昼 母のおにぎりは
すっかり冷めていたが
腹ペコで 美味しかった
やがて 暗くなった空から 霰がばーっと落ちて来た
ほそい道を走り 畑の端の茅葺小屋に逃げ込んだ
「凄いねえ」・・・冬の思い出
[PR]

by amamianguide | 2005-12-28 08:14 | 奄美の風景
2005年 12月 27日

夕景7

d0053930_810111.jpg
台風一過で登場したデェイゴ
夕日をバックに鮮やかな影
大きな木には精霊が宿る
島の言い伝えには科学がある

昔 奄美の家々の周りには
生垣を廻らせる習慣があった
風除け 火除け 暑さよけ
春夏秋冬 人のそばには
大きな木があった

それぞれに 新しい理由で
抜き取られ 切り倒され
今はブロック塀で囲まれた
風の道 水の道 神の道に
敢然と建つ家々
でもほら よく壊れてるよね
木々の力は侮れないよ
[PR]

by amamianguide | 2005-12-27 08:10 | 夕景・朝日
2005年 12月 26日

紅葉

d0053930_8383719.jpg
もっと綺麗な場所もあるけど
長雲峠を嘉渡に下りる途中
小雨の中 車を停めました
その時 気がついたのです

今年は紅葉が早い
例年だと緋寒桜と櫨
ハマセンダンが赤系で
リュウキュウエノキや
イイギリ(これは少し早い)が
黄色系と賑わうのは 1月

やはり強烈な寒波の影響?
湯湾岳や赤土山はどうだろう
マネン崎のハマセンダンは
紅葉というより 枯れ葉
厳しさは北の大地
温暖な奄美はこれでも
大騒ぎである
[PR]

by amamianguide | 2005-12-26 08:40 | 奄美の花
2005年 12月 24日

夜明け


d0053930_7511175.jpgいや 夜はずーっと前に
明けていた
多くの人は気がつかず
ただテレビや時計を見ている

朝まだきの時から暁まで
一日は静かに 意外に早く
明けてくる
しずかに しずかに

早起きは・・・徳 という
何か得したことはない
徳は心の問題である
奄美人が朝日を拝み
夕日に手を合わせていたのは
いつまでだったのか
得を求めていては決して
見れないものもあるのに


(明日は休みます 寒風が吹き抜けないように 穴をふさぎましょう)

追伸
新宿のSさんご夫妻から 心温まるお手紙を頂きました
キノボリトカゲとナナフシの写真ありがとうございます
いつかまたお会いできますように 
[PR]

by amamianguide | 2005-12-24 07:51 | 夕景・朝日
2005年 12月 23日

寒波は一先ず


d0053930_8572947.jpg寒波はひとまず 去った
気象庁は長期の予報を
「暖かい冬」から「寒い冬」に
修正した

偏西風の蛇行により
寒気団の南下は大きく
日本はその冷気の中に
すっぽりと入ってしまった

古い我が家は
戸板一枚の壁の隙間を
容赦なく寒風が吹き込む
いや 吹き抜ける
子供の頃 母が節穴に
紙を貼ってたのを思い出した
次の寒波までには
何とかしなくては・・
炭火で か細く暖を取る
[PR]

by amamianguide | 2005-12-23 08:57 | 奄美の風景
2005年 12月 22日

寒波到来

d0053930_1885566.jpg
奄美も結構冷え込みました
障害のない海の上を
疾走してきた北風は
容赦なく奄美を突き抜けました

大浜に押し寄せる波は
やしの木をしならせ 葉を叩き
砂を巻き上げ 小石を飛ばす
水平線は白い山の連続

マングローブでも金作原でも霰
東京の娘さんもびっくりです
自然の成り行きを
笑って楽しんでくれました
「ありがとう」 奄美は貴方を
好きなんです きっと
時折見せる青空が
いたずらっぽくウインクして
そう言ってましたよd0053930_8191133.jpg


自然の営みを
人間が左右することはできない
人は人らしく それに溶け込み
けっして奢らず 侮らず
たんたんと生きていく
人が生きていくということは
それに似ている
峠を越え 下り また
汗をかいて上る
気がつけば 人も
自然の一部
頑張れ 若者
寒さにも 峠はあるよ
[PR]

by amamianguide | 2005-12-22 18:09 | 奄美の風景
2005年 12月 21日

ブーゲンビリア3


d0053930_8171052.jpg柔らかい光線を受け
ブーゲンビリアの花は膨らむ
まるで ビロードの塊のごとく
赤紫の色を発する

加計呂麻のブーゲンは
どうしてこんなに暖かいのか
寒風に震えながら やっと
咲き続ける北部の花とは違う

昨日は終日 小春日和
海は凪 森も爽やか
心も穏やかに癒される
こんな日の奄美を体感できる
人は幸せ
日ごろの行い かな
[PR]

by amamianguide | 2005-12-21 08:20 | 奄美の花