カテゴリ:奄美の森・樹・川( 49 )


2009年 05月 12日

葉陰の向こうに

森を行く時に
気をつけなければならないのは
足下・・・いやいや 小さな草花を
踏みつけることより
「長いモノ」への対策を
怠ってはいけないから
にもかかわらず 上を見上げる
ああ、青空だ・・・

d0053930_524022.jpg

谷間を見下ろす
d0053930_5245170.jpg

葉陰から垣間見る
d0053930_525226.jpg

鳥を覗き込む(ボケボケですがキビタキ♂です)
d0053930_5255316.jpg


はっと、我に返って 足下を見る
ツマグロヒョウモンの♀
d0053930_5275874.jpg


と、まあ・・・こんな具合で
物思いにふけっている間など
ありゃしない 
d0053930_5304512.jpg
d0053930_5305694.jpg


下界へ降りて 馴染みの花を見ると
 「仙人には なれない」 感を
しみじみと・・・(笑
[PR]

by amamianguide | 2009-05-12 05:32 | 奄美の森・樹・川
2009年 05月 08日

静寂の滝

久しぶりに
あの 静かなる滝を訪ねてみた
滝の音は 森の闇に吸い込まれ
さほど大きなものではない


d0053930_6361726.jpg

d0053930_639289.jpg

d0053930_640123.jpg


先日のタンギョの滝を「雄雄しい」とするなら
ここは さしずめ聖なる滝、だろうか
不思議と 気が休まることだけは
確かだ
[PR]

by amamianguide | 2009-05-08 06:41 | 奄美の森・樹・川
2009年 03月 28日

新緑

抜けた空 
くっきりと山の稜線
抹茶のパウダーを
振掛けたような 萌黄色

新緑
d0053930_6553462.jpg
d0053930_6554750.jpg
d0053930_6555934.jpg
(大川ダム湖)

2月には始まった
目に優しい季節はもう直ぐ終わり
やがてぎらつく太陽を
まともに受けて 白く輝く照葉樹林
豊かな森に抱かれる幸せを
人は何時 認識するのだろうか


追記
d0053930_9485471.jpg

chaoさんご指摘の「不死鳥」・・・
真っ黒な鳥でしたが 鷺ではないかもです
不明なので あえて載せませんでしたが
気がつくとは 流石です(笑
[PR]

by amamianguide | 2009-03-28 06:59 | 奄美の森・樹・川
2009年 03月 12日

ヒカゲヘゴ

名は日陰でも
この羊歯は無類の光線好き
逆に足下は水っ気を求める
渓流沿いや谷間に群生して
奄美の森を演出する

ヒカゲヘゴ
d0053930_17215122.jpg
d0053930_1722823.jpg


アマミエビネ

d0053930_17253811.jpg
d0053930_17255259.jpg


今朝の新聞に
「盗掘された」と出ていた
とすると これが彼女の最後の艶姿・・・悲しいなぁ・・・
KNAのmizuma君が紙面で語っていたように
「有名な散策路の路傍にある貴重種」だからこそ
奄美の自然に対するモラルの高さを示す
象徴的な花だったのに・・・
未だに、山から盗る慣習を捨てきれないのでは
「世界遺産へ向けて」、、が呆れてしまいます
官憲の厳しい取締りの前に
自らの意識を高める必要が ある!!
そんなやりきれない思いで
 新聞を置いた

[PR]

by amamianguide | 2009-03-12 17:41 | 奄美の森・樹・川
2009年 02月 24日

小さな滝

奄美市郊外にある
小さな小さな滝
でも そこを取り巻く環境が
凄いものがある

d0053930_637533.jpg
d0053930_6382366.jpg
d0053930_6384025.jpg


うねっているのは「モダマ」の弦
この滝の上流まで 制覇している
江戸の中期には記録されているので
いったい 何年生きているのか

ナンバンキブシ(キブシ科)  (山口・四国南岸・九州西海岸~徳之島)が咲き始めた

d0053930_6445024.jpg


今朝は20度を越えていた
蒸し暑さを感じるくらい
南へ向かい外仕事
雨でも降らなければいいけど・・・
[PR]

by amamianguide | 2009-02-24 06:46 | 奄美の森・樹・川
2009年 01月 27日

マイナスイオン

それが溢れる森を
上流へ進むと
渓谷の奥に小さな滝の音がする
時折 ルリカケスの警戒する声や
カラスバトの悲しげな太い声

d0053930_635453.jpg
d0053930_642595.jpg
d0053930_643711.jpg
d0053930_645876.jpg


道沿いに白い花を見つけた
リュウキュウイチゴ
早い開花だ 赤い茎が懐かしい
d0053930_665632.jpg
d0053930_671297.jpg


しばらく
ひんやりとした
山の空気に浸かっていた
[PR]

by amamianguide | 2009-01-27 06:08 | 奄美の森・樹・川
2009年 01月 26日

泉ではなく

流れを持った川だけど
深い淵のよどみに来ると
波ひとつ立てず
すっかり底まで見せてくれる
碧というか 青というべきか


d0053930_18231678.jpg

d0053930_1858477.jpg
d0053930_18583432.jpg

d0053930_1922763.jpg


深い淵に潜むものは
幸いを呼ぶ女神か
はたまた・・・
森羅万象 全ての息づきが
かえって聴こえるような
そんな 静けさ
[PR]

by amamianguide | 2009-01-26 18:23 | 奄美の森・樹・川
2009年 01月 02日

雨の隙間に

まったく
カメラ泣かせのお天気
ぱーっと 雲の切れた隙間から
明るい日差しが漏れてきたかと思えば
瞬間 次は横殴りの雨
ユニクロの防水ウィンドブレーカーへ
慌ててカメラを避難させる

自然観察の森
d0053930_535796.jpg
d0053930_54956.jpg


山中の
マンリョウが見たいという
次男の嫁を連れて 森へ
道端にあったマンリョウを撮り
早々に退散

今日は京都から彼女の母がくる
風が 収まってくれたらいいのになぁ・・・
ま、「これも奄美の天気だから」と言う嫁
流石 ファーマー!!
[PR]

by amamianguide | 2009-01-02 05:11 | 奄美の森・樹・川
2008年 12月 16日

湯湾岳の道

宇検の林道から
いったん下界へ降り
それから湯湾岳へ上がった
およそ 150~60キロの距離だけど
今日は「風神号」にこの道を
走ってもらった

d0053930_18143547.jpg

d0053930_1815204.jpg

湯湾岳の林道沿いには まだ
ハシカンボク(ノボタン科) が
咲いていたよ
d0053930_18164524.jpg
d0053930_1817042.jpg


親父は軽く「走ってきた!」
なんて笑ってたもんだけど
どうしてどうして タイトな道のり
風神号も タフだよなあ・・・!!
[PR]

by amamianguide | 2008-12-16 18:28 | 奄美の森・樹・川
2008年 10月 16日

アカメイヌビワ(クワ科)

    (奄美大島以南)

森を行く時
必ず出逢う不思議な木
幹から小さな枝が出て
それにびっしりと実が付いている

アカメイヌビワ
d0053930_6512993.jpg
d0053930_6515416.jpg


ヒカゲヘゴの新芽
d0053930_6573184.jpg


名も無い滝
d0053930_6524476.jpg

この滝の近くに
森を見下ろせる場所がある
深い森を上から見ると
ブロッコリーがもこもこと
咲いているような・・・
そうそう センダンが
葉をオレンジに変えだした
[PR]

by amamianguide | 2008-10-16 06:58 | 奄美の森・樹・川