ツアーガイド アマミアン

amamian.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 25日

仏像墓(龍郷)

龍郷町龍郷の村の奥に
ひっそりと置かれた墓がある
以前から見たいと思ってはいたけど
参道が荒れ 足下が怖い
今日 覗いてみたら
綺麗に除草してあった

d0053930_16252052.jpg


「等身大の坐像の仏像を刻してあるお墓と破風式の墓石、・・-略ー・・今から254年前の
ものである。石質は加治木石。・・-中略ー・・大島間切瀬獅子村笠利輿人道覚行年六十九歳
・・ー攻略ー・・と刻まれている。隣の破風型の墓石の中央には柳屋永春大姉と刻されいずれも
笠利家十代ごろの由緒ある人の墓と考察される」-(龍郷町誌より抜粋)


d0053930_16403637.jpg
d0053930_1640585.jpg



享保といえば
徳川吉宗の時代
大岡越前の時代ですよ
今は2009年 遡ること なんと
284年前の建立になるわけで・・・
よく見ると仏像の御首は
接合したようにも見える
「廃仏棄釈」の時代に災難に
遭われたのかも知れない
ま、たまにはこんなお話も・・・
いいかな

新芽のまぶしく輝く
日差しの瞬間も あった
そんな日曜日
d0053930_16514948.jpg

[PR]

by amamianguide | 2009-01-25 16:53 | 奄美の風景


<< シロチドリ      トラツグミ >>