ツアーガイド アマミアン

amamian.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 11日

イボタクサギ (クマツヅラ科)

  (種子島・トカラ列島以南)

梅雨の頃の海岸線に
蕊の突出した花が咲く
外へ出てくる長い蕊は 雄蕊
薄い紅色の花が 海の青に映える

イボタクサギ
d0053930_5541499.jpg
d0053930_554288.jpg
d0053930_5544510.jpg


ハマボウ (アオイ科)
d0053930_556441.jpg
d0053930_5565958.jpg
これは 朝から撮るべきだった
そろそろ花の勢いがなくなり
赤身を帯びている花が
多かった

島の海岸の樹木は 内陸へ傾く
海からの強烈な風が 木を矯正し
あるいは盆栽のよう
d0053930_615088.jpg

それを見る人は 風の強さと方向を
知るはずである
多く集まれば防風林になり
一本だと 独り耐えなければならない
独り耐える木もまた
美しい
[PR]

by amamianguide | 2008-06-11 06:05 | 奄美の花


<< リュウキュウハグロトンボ       西と東の海 >>