2008年 01月 28日

山奥の桜 (親父の桜Ⅱ)

この桜は
江戸時代 豪農 麻 福栄志
親父の先祖が土地を貸したとき
植えられたものらしい
親父が子供の頃 
薪を取りにここまで来た特も
同じ形で咲いていたという

d0053930_624665.jpg
d0053930_633164.jpg
d0053930_6445100.jpg
d0053930_651256.jpg
d0053930_653139.jpg
d0053930_655641.jpg
d0053930_663852.jpg

d0053930_6251824.jpg


古木は衰えるどころか
新たな枝を生み
たくさんの花をつけていた

 道中の難儀を考えなければ
沢山の人に見てもらいたいと思う
但し 途中の植物に
触ってはいけないよ(笑

        (夕方に最終をUPします)
[PR]

by amamianguide | 2008-01-28 06:29 | 奄美の花


<< 帰路 (親父の桜Ⅲ)      親父の桜 Ⅰ >>