2007年 07月 06日

ギョボクとネムノキ

d0053930_654252.jpg
フウチョウソウ科・大隈、薩摩半島南部以南
ツバベニチョウの食草なんだぁ・・!!
昔からイカ釣の餌木を作る
軟らかいから・・いいえ
怪しい艶がお魚の鱗に似るから
d0053930_6112767.jpg
雄蕊が長くて赤い色に突き出す
d0053930_6143797.jpg
何時だっけ・・と思っていた
木の葉の上は花盛り
目線より上だと
なかなか気が付かないものだよね

d0053930_6162672.jpg
ネムノキは(マメ科)
気付かない更に高い所
足元に落ちてきた花で気がついた
見上げると日差しを受けた
ピンクの塊
d0053930_619556.jpg
いやー咲いてる咲いてる!!
空に向って写真を撮っていると
「ナニカ、イマスカ??」
ドイツ人、京都の大学に在学中だそうだ
バードウォッチャーの彼としばらく
話していたが
英語のボキャがお互いに・・・
それでキビタキさんを紹介することに
d0053930_6234083.jpg
先月孵したはずのキビタキ
また雛を育てている
環境さえよければ
子供は増えますよ 総理!!
彼は東に 私は西へ「またね!」
笑顔がなかなかいい(笑
[PR]

by amamianguide | 2007-07-06 06:26 | 奄美の花


<< たぶん スミナガシか      オオシンジュガヤ(カヤツリグサ科) >>