2006年 01月 12日

まだ見ぬ恋人

d0053930_7523644.jpg
山奥に 一本の桜がある
一月吉日に見に行こう
父自慢の緋寒桜の大木
山道を超え 見に行こう

江戸の話なので 樹齢は
不明だけど 年一度
父が恒例行事にしている
花見の登山 今年は私も

まだ見ぬ恋人にでも会う
ように 今からときめくのは なぜ                        (秋名の桜)
   きっと 気高く 近寄りがたい(事実山奥)からかな
   年に一度 織姫を探すがごとき 父の山歩き
   花より団子もたくさん持って 行ってみようか
[PR]

by amamianguide | 2006-01-12 07:52 | 奄美の花


<< フカノキ      水仙 >>